そら猫の気になる情報やノウハウ等をご紹介してます

夢見るそら猫

イベント情報

クリスマスまで待ちきれない!アドベントカレンダー&クランツで大人も子供も楽しむ1ヶ月

更新日:

今年のクリスマス、アドベントカレンダーやアドベントクランツでおしゃれに飾ってみませんか? そもそもアドベントって何?クランツって何?と分からない人の為に改めて調べてまとめました。 クリスマスまでまだ日がありますが、人気のカレンダーやクランツは売り切れるのも早いので今の内に探した方が良いですよ。

スポンサーリンク

 

クリスマス・アドベントって何?

 

アドベント・・・

最近ではずいぶん認知度が上がってきましたが、日本ではまだまだ知っている人は少数派です。

私はキリスト教の友人から聞きましたが、私の友人の中ではその友人しか知りませんでした。

 

「クリスマス」は良いとして、「アドベント(advent)」って聞きなれない単語ですよね?

 

そういえば仮面ライダー龍騎で「アドベント・カード」って使ってた様な・・・

確か契約モンスターを降臨させる時に使ってました。

 

似た言葉で知っているのは・・・

そう!「アドベンチャー(adventure)」です!

フランス語だと「アヴァンチュール(aventure)」

いずれも「冒険」という意味を持ってますが、アドベントが語源になっている複合語だそうです。

 

アドベントは、「到来」や「出現」、「接近」などの意味を持っていますが、イエス・キリストの到来の事を指しています。

つまり、クリスマスはキリスト誕生を祝う祭事に対し、アドベントは(キリスト誕生の日が)近づく(到来する)のを待ち望む期間を指していて、その期間は、聖アンデレの日(11月30日)にもっとも近い日曜日から、クリスマス・イヴ(12月24日)までの約4週間を指しています。

2018年なら12月2日(日)から始まる事になります。

 

日本ではアドベントの事を「待降節(たいこうせつ)」などと呼んでいます。

 

厳密には、アドベントは「キリスト教西方教会」考えであって、「正教会」にはアドベントの概念は無いそうなので、全世界共通のイベントに至っていないのはこの為なのでしょうね。

 

まぁ、無宗教の私としては細かい事はどうでも良いのです(笑)

おしゃれに楽しめれば、それで良し! と言うことで、具体的に何をどうするのか?書いていきます。

 

 

アドベント・カレンダー

 

色んな形のアドベントカレンダーがありますが、基本的にはクリスマス・イブ(12月24日)までの(1~24の)日付の入ったものになります。

小さなお子様がいる家庭なら、24個の引き出し付きの飾りが人気です。

24個の引き出しには、お菓子やクリスマス・オーナメントを入れておき、1日毎に開けていくのです。

オーナメントであれば、全部開け終わる24日にクリスマス・ツリーが完成する事になるので、それはもうワクワク毎日を過ごせます。

 

お子様がいない人には、おしゃれなカレンダーが人気です。

こちらも1~24の日付入りで、チョークで日付に「×印」をつけて指折り数える感じですね。

例えばこんなのがあります。

画像:amazon

 

上部はLEDで光ってクリスマスの雰囲気を出しつつ

by カエレバ

 

下の部分がカレンダーの黒板になっていて「×印」でカウントダウンもできます。

こんなのがお部屋に飾ってあるだけで、クリスマス感いっぱいの素敵なお部屋になりますね^^

 

 

アドベント・クランツ

 

 

アドベント・クランツの「クランツ」は「輪」と言う意味ですが、50cm以上の大きな輪をクランツと呼び、比較的小さな輪をリースと呼ぶそうです。

4本のキャンドルで円を描くように飾りつけ、最初の1週間は1本だけ火を付け、次の1週間には2本・・・、そしてクリスマス前の週には4本全部のキャンドルに火を灯すのです。

 

 

1週間ごとに1~4本と火を灯すキャンドルを増やしていくので、最後はこの写真の様に長さの異なるキャンドルが並ぶ事になります。

ヨーロッパでは一般的ですが、めちゃくちゃおしゃれな習慣ですよね!

 

毎晩の夕食時にキャンドルがあるだけでもおしゃれですが、火の灯ったキャンドルの本数で「クリスマスまであと2週間だね~」とか、そんな和やかな会話のきっかけにもなって心も温まりますね^^

 

 

簡単なアドベント・クランツの作り方

 

アドベント・クランツはとっても素敵ですが、なかなか完成品を売っているものではありません。

お花屋さんなどで時々売っているのを見かけますが、基本的には手作りされている人が多いようです。

 

オアシスを使って作るやり方も簡単ですが、オアシスの上にキャンドルを固定するのは不安定になりがちですし、太いキャンドルには不向きです。

なので、オアシスを使わない簡単な作り方をご紹介しますね。

 

1.台座

台座は平らなトレーなどでも構いませんが、出来上がりの寸法より少し大きめの方が良いです。

私の好み的には木製の温かみのあるトレーが良いのですが、中々大きなサイズが売っていないので、その場合は金属製のトレーでも大丈夫です。

by カエレバ

 

金属なら万が一キャンドルが倒れても安心ですし、キャンドルの固定もしっかりできます。

 

 

2.キャンドル・ホルダー(又はローソク立て)

トレーの上にキャンドルをしっかり立てる為のキャンドル・ホルダーを固定します。

クリスタル製のキャンドル・ホルダーも光が拡散して綺麗ですが、しっかり確実に固定する為にはキャンドルを芯に挿せるものが安心できます。

 

by カエレバ

 

トレーに両面テープなどを使ってしっかり固定します。

四角い横長のトレーに横1列に並べて固定しても構いませんよ。そこはあなたのセンス次第です。

 

 

3.キャンドル

キャンドルはちょっと拘りたいです。

何故なら、食卓で灯すなら臭いが弱くなくてはいけませんよね。せっかくの食事が台無しになってはいけません。

それと燃焼時間が肝です。

3~4週間、毎晩灯す事を考えると、1時間灯したとしても最低20時間は燃焼して欲しいですよね? 1週間で新しいキャンドルに換えるのでは意味がありません。

その様な条件を満たすキャンドルはなかなかありませんが、おすすめは蜜蝋キャンドルです。

 

蜜蝋 キャンドル 直径9cm×高さ20cm ピラーキャンドル みつろう VON FLOTTE BiENEN ボンフロッテビーン ガラスホルダープレゼント 男性に人気! プレゼントに♪ 最高級ドイツの蜜ろう ろうそく 【送料無料】(北海道/沖縄は送料別途)
by カエレバ

 

 

太さ、高さ、燃焼時間も60時間もあれば充分すぎるほど持ちます。これでクリスマス・レッドがあったら申し分ないのですが・・・。

 

 

4.飾りつけ(もみの木、松ぼっくり、オーナメント)

 

トレーに固定したローソク立てに、キャンドルをしっかり固定したら後は飾りつけです。

10~15cm程度に切った「もみの木」や「杉」、そして「ヒイラギ」や「月桂樹」の葉などを並べていきます(グリーン基調であれば何でも良いので色々試して下さいね)。

 

もみの木を並べる時に、斜めに重ねてテープで固定しながらキャンドルを結ぶ輪を作ってしまいます。 この時キャンドルの付け根を隠すようにしてください。

ポイントは、飾り付けが高くなり過ぎない事です。

キャンドル・ホルダーみたいな高さのある台を使うなら多少は高くても良いですが、キャンドルの火が可燃性の高い針葉樹の葉に触れない様に充分気をつけてください。

 

最後にオーナメントなどで飾りつけして完成です!


.

アドベントカレンダー、クランツまとめ

 

知る人ぞ知る、知らない人はまったく知らないかもしれませんが、大手百貨店などではアドベント・カレンダーの販売も行われると思います。

ちょっと気が早いかも知れませんが、おしゃれなアイテムやお子様に人気のアイテム(特にREGOとか)は、早めに探しておく事をおすすめします。

そうすれば、他人より一足先に素敵なアドベントを楽しむ事ができますよ^^

 

クリスマスプレゼントを買ったら、素敵なイルミネーションを観に夜のデートにおでかけしましょう!

⇒イルミネーションin東京2018 X'masデートはどこがいい?開催期間や期間限定イベントなど

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-イベント情報
-, ,

Copyright© 夢見るそら猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.