そら猫の気になる情報やノウハウ等をご紹介してます

夢見るそら猫

テニス

ダニエル太郎の彼女立野リカさんの父親は元プロテニス選手の立野彰一氏

投稿日:

正月のテレビ番組に出演し今や知らない人はいないくらい知名度が上がったダニエル太郎選手。 そんなダニエル太郎選手を支える存在が4つ年上の立野リカさんですが、その交友関係がもの凄いビッグネームばかりです。 その秘密は彼女のお父様にありました。 それもそのはず、立野リカさんの父親は元プロテニスプレイヤーだったのです。

スポンサーリンク

 

ダニエル太郎選手について

 

 

ダニエル太郎選手のプロフィール

ダニエル太郎選手のプロフィール(2019年1月6日時点)を整理しました。

国籍    日本
出身地   アメリカ(ニューヨーク)
生年月日  1993年1月27日(25歳)
本拠地   アメリカ(フロリダ、ブラデントン)
身長    191cm
体重    80kg
プロ転向  2010年
ランキング 77位
ウェア   オークリー
ラケット  バボラ(ピュアドライブ)
シューズ  ディアドラ スピードプロ EVO II SG

主な戦績

2018年 4月 イスタンブールオープン(ATP250)優勝
2018年 3月 BNPパリバ・IWでジョコビッチ撃破
2017年 9月 USオープン2Rでナダルに善戦

 

ダニエル太郎選手は7歳でテニスを始め、お父様の仕事の関係でニューヨークから日本(名古屋)に来て、その時に「森林ロングウッドテニスクラブ(名古屋)」で4年間テニスを学んだそうです。

 

その後イタリアに移住する事になり、バルセロナの名門テニスアカデミー「サンチェス・カサル・テニスアカデミー」でプロテニス選手になるため猛特訓!

 

 

2018年にイスタンブール・オープン(クレー)で日本人として4人目となるATPツアー優勝ができたのも、このクレーコートでの特訓が功を奏したのでしょう。

 

ダニエル太郎選手は子供の頃に進路を問われ

「何言ってるの?大学なんていつでも行けるでしょ?僕はプロになるよ」と言い切ったそうです。

錦織圭選手とも通じる所がありますが、この意思の強さこそが強さの秘密なんだと思います。

 

「サンチェス・カサル・テニスアカデミー」ではテニス留学の受け入れを行っていますので、ジュニアの選手はどんどん行って欲しいですね!

 


.

ダニエル太郎の彼女は立野リカさん

 

 

ダニエル太郎選手のインスタグラムでいつも一緒に映っている彼女。

日本でファッションモデルをしている「立野リカ(里佳)」さんですが、ほんと美人ですよね。

 

ダニエル太郎選手と錦織圭選手に挟まれた写真で一躍有名になりました。

 

 

View this post on Instagram

 

Rikaさん(@rikatatsuno)がシェアした投稿 -

 

そんな立野リカさんのプロフィールはこちら

国籍    日本
出身地   アメリカ(ロサンゼルス)
生年月日  1989年4月26日(29歳)
身長    178cm
職業    ファッションモデル
所属事務所 ボン・イマージュ
専属モデル Precious

 

伊達公子さんのブログにも家族ぐるみのお付き合いをされている写真が掲載されているなど、テニスに関係の深い人なんだなぁと思ってました。

 

伊達さんも「100%日本人だけど日本人離れしたアジアンビューティなりかちゃん」と書かれているとおり、姉のあんなさんとそっくりの美人姉妹です。

 

 

View this post on Instagram

 

Rikaさん(@rikatatsuno)がシェアした投稿 -

 

そんなリカさんも全米ジュニアダブルスで1位になったテニスの実力者ですが、怪我を機に引退されてしまったそうです。

 

従兄弟には2018年ロシアW杯メンバーの武藤嘉紀選手がいるとの事。

彼氏はダニエル太郎選手、伊達公子さんとも親交があり、錦織圭選手とも・・・

すごい交友関係ですよね。

 

それもそのはず、立野リカさんのお父さんが元プロテニスプレイヤーだったからなんですね。

 

 

立野りかさんの父彰一氏は元プロテニス選手

 

立野彰一氏・・・

この字どこかで見た記憶がある・・・

 

たての?

たつの・・・

え? えええ~!?

 

私が子供の頃、テニスを始める少し前の日本のトッププレイヤーじゃないですか。

雑誌『Tennis Classic』や『テニスマガジン』などで立野彰一氏の記事を良く目にしていたのでびっくりです。

 

当時の日本のトッププレイヤーと言えば、福井烈、九鬼潤、神和住純さん達でしたが、その頃に日本のトップ10に入っていたと思います。

世界ではビヨン・ボルグやジョン・マッケンローが全盛の時です(笑)

 

ちょっと懐かしく思いネットで調べましたが、1988年に現役を引退された後、アメリカでカメラ関係のビジネスマンをされていたそうです。

アメリカを歩き回り、骨董品に近いクラシックカメラを買い付け日本に出荷するお仕事だったそうです。

 

そんな立野彰一氏ですが、アメリカでも「ジャック・クレーマー・テニスクラブ」の会員で、余暇にテニスをされたり伊達公子さんが現役時代には度々試合会場に訪れて応援されたり、一緒に食事されたりしていたそうです。

 

必然的に立野リカさんもアメリカでテニスをして強くなり、交友関係もテニスを中心に広がって行ったのでしょう。

 

ダニエル太郎選手との出会いも、そのお父さんの関係で会う機会がずあったからなのだと思います。


.

ダニエル太郎の彼女の父は立野彰一元テニスプロまとめ

 

錦織圭選手もダニエル太郎選手も、そして立野リカさんも海外でテニスを行い強くなりました。

 

立野リカさんの場合は、元プロテニスプレイヤーの立野彰一氏の影響もあったとは思いますが、それでもアメリカと言う場所で練習を積んだ事で全米ジュニアチャンプにまでなれたのだと思います。

 

2019年のATP/WTAポイント取得ルール改正で、海外遠征しなくてもITFエントリーポイントが稼げて、生計も立てられる様になるとの事ですが、同時に日本の若手テニス選手が海外で戦う機会が減るようにも思えます。

⇒2019年ATPポイント改正でどうなる?錦織に続く若きテニス選手に活路?それとも絶望?

 

日本のテニス選手もどんどん海外に出て行かないと、大成をなす事は難しいのでは?と思いますので、日本の企業、日本テニス協会の更なるバックアップが必要ですね。

 

 

少し(かなり?)横道に反れましたが(笑)

ダニエル太郎選手を支える立野リカさん

結婚を機に飛躍する選手も大勢いますし、年齢的にも良い時期です。

いつも一緒に映っている仲睦まじい写真をみると、他人ながらお祝いしたくなりますよね^^

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-テニス
-, , ,

Copyright© 夢見るそら猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.