おとく生活

フリーパワー搭載自転車を購入!実際に一般道で乗ってみた感想をご紹介します

FreePower

サイクルオリンピックで販売している「フリーパワー(FREE POWER)」搭載のクロスバイクを買いました。 色々悩んだ結果フリーパワーを選択しましが、実際に一般道など走ってみてどうなのか? 「電気を使わないアシスト自転車」という謳い文句は本当なのか? 試乗コースでは分からない体験談などをお伝えします。

スポンサーリンク

 

フリーパワーとは?

 

FreePower

 

フリーパワーとは

2007年に宮崎県の浜元氏が個人で発明したギアです。

 

「無から有を生み出す事に意味がある」をモットーに、試行錯誤を繰り返し改良を重ねた結果、2016年に「フレキシギア」と言う名称で商品化

 

2018年からは資本提携したサイクルオリンピックが「FREE POWER FG-1」と言う商品名で販売開始しました。

 

ここが凄い!らしい

 

20%以上の加速性アップ

膝に優しく筋肉痛になりにくい

エクササイズ効果が高い

長距離、坂道に強い

 

 

ほんとうに効果あるの?

 

2015年に国士舘大学で6カ月間の実証実験を行い、2018年にも国際医療福祉大学で検証実験が行われました。

 

出典:株式会社 FREE POWER

 

その結果、謳い文句が間違っていない事が証明されたんですね。

 

 

NHKなど各種メディアでも報道されて

 

2018年には、自転車では珍しい「納車待ち」も発生する事態になりました(現在は解消されていますが)

.

スポンサーリンク

.
でもまだ信じがたい・・・

 

科学的に証明されていても、ネットで検索すると

 

意外にも酷評の山・・・

 

これは自分で試乗してみないと分からない!

 

と言う事で試乗してきた時の感想がこちら

⇒ フリーパワー自転車のアシスト力はどの位?購入すべきなのか?実際に試乗して来ました。

 

この時は、自分でも高評価でした。

 

試乗コースの坂道はスイスイ登っていくし、とにかく後押し感が半端なかったです。

 

長い事自転車選びに悩んでいましたが

 

遂に「フリーパワー搭載自転車」を買う事に決定!

 

しましたが・・・

 

 

なぜフリーパワー搭載自転車を選択したか?

 

FreePower

 

自転車の買い替えに際し、以下の3種類を検討していました。

 

①普通の自転車(クロスバイク)

②電動アシスト自転車(クロスバイク)

③フリーパワー自転車

 

結果的にフリーパワー自転車になったのですが、悩みに悩みました。

 

決定的になったのが、試乗した時の感覚だったのは間違いありません。

 

自分の力+アルファのアシスト力を感じたんです。

 

それ以外にも理由がありましたので、参考までに書いておきます。

 

理由① 普通の自転車では坂がキツイ

脚力には自信があったのですが、テニスで倒れる程動いた後に、長い坂道を登るのに普通の自転車ではかなりしんどいです。

 

だから多少なりとも坂道で楽のできる自転車を探していました。

 

つまり、電動アシストか?フリーパワーか? です。

 

理由② 電動アシスト自転車では物足りない

通勤で使っている(シェアサイクリング)電動アシスト自転車は、メチャクチャ楽です。

 

自転車を漕いでいると言うより、足を回しているだけで勝手に走ってる感じです。

 

楽すぎて、自転車に乗っている気がしないんですね。

 

もちろん、本格的な電動アシスト付き自転車なら、自転車本来の乗り心地も生かした作りになっているとは思いますが、高価なので手が出ない(笑)

 

理由③ 通勤で使いたい

通勤で使うのにも自転車を使いますが、より高価な電動アシスト自転車は盗難(自転車本体、バッテリー)などの心配がある上、不届き者がわざと傷つけたりします(管理人のいる駐輪場でもありました)。

 

こんな余計は心配はしたくありませんので、電動アシスト自転車の購入に躊躇していたんです(笑)

 

理由④ あまり高価なのは…

当然おサイフ事情もあります(笑)

 

普通のクロスバイクなら安いもので3~5万程度買えますが、+14,000円程度でフリーパワー搭載自転車にする事ができます。

 

電動アシストのクロスバイクなら、12万程度はしますので、フリーパワー自転車の倍近くになります。

 

大体こんな悩みでしたが、試乗した結果の印象が良かったので、フリーパワーに決めた次第です。

 

 

試乗コースは当てにならない?

 

FreePower

サイクルオリンピック府中

 

フリーパワーのコンセプトショップや一部のサイクルオリンピックには、フリーパワーを体感できる試乗コースが設置されています。

 

FREE POWER搭載自転車

フリーパワーショップ国分寺

 

この試乗コース

 

勾配は7度程度の坂道で、路面はツルツル(路面抵抗が小さい)ので、普通のママチャリでも難なく登れます。

 

この試乗コースで乗り比べても、体感できる差はあまりありません。

 

確かにフリーパワーのアシスト力を感じる事はできますが、一般道とは大きな違いがあります。

 

試乗コースで感じたパワーを期待して購入しても、いざ一般道で乗ってみると「あれ?」と言う事になりかねません。

 

試乗コースは、フリーパワーを最大限に体感できる様「最適化されている」と言う事を忘れてはいけないのです。

 

それを理解した上で、購入を判断する必要があります。
.


.

市街地など走行した感想

 

FreePower

 

実際に購入してみた感想です。

 

普通のクロスバイクより「わずかに楽」です。

 

ペダルの踏み込み時は、ガツンとした手応えと言うより、ソフトな踏み心地です。

 

アスファルトの坂道では、それほどアシスト力を感じる事ができませんでしたが、これは勾配がキツかったからかも知れません。

 

自転車自体の性能にもよりますが、平坦な道を長時間乗った感じでは、疲れ方が多少違う様です。

 

半日乗っても、それほど筋肉痛にはなりませんでしたので、この辺はフリーパワーの効果なのかな?と感じました。

 

今まで乗っていた自転車だと

 

隣駅まで行くのがおっくうでしたが、 フリーパワー自転車なら4、5駅先まで行ってもいいかな?と言う気にさせてくれます。

 

まぁ、電動アシストなら10駅でも20駅でも行く気になれそうですが、自分の活動範囲ではないので、結果的にフリーパワーで充分でした。
.


.

フリーパワー搭載自転車を市街地で走行した感想まとめ

 

フリーパワー自転車は、「電気の要らないアシスト自転車」として販売されていますが、実際に一般道を走った感じでは、「わずかに楽」程度です。

 

私自身は、その「わずかに楽」を求めていたので、フリーパワーを購入して良かったと思っています。

 

路面抵抗の大きいアスファルトの一般道を走ってみると、試乗コースで感じたアシスト力は半減するかもしれません(自転車自体の性能や本人の脚力などにもよりますが)

 

あまり過度な期待をするとがっかりする事にもなりませんので、その点は心しておいた方が良いです。

 

いずれにしても、自分の用途、自転車に求める性能、おサイフ事情(笑)など、総合的に判断して購入する事をおすすめします。

 

可能であれば、一般道で試乗するのが一番良いので、知り合いにフリーパワー装備の自転車を乗っている人がいたら、ぜひ試乗させてもらって下さい^^

 

-おとく生活
-, ,

© 2020 夢見るそら猫