そら猫の気になる情報やノウハウ等をご紹介してます

夢見るそら猫

イベント情報

入間基地でブルーインパルスの航空ショーを観よう!写真撮る場所やイベントやアクセスまとめ

更新日:

入間基地航空祭が今年もやってきます! 東京近郊で航空ショーを間近で観られるとあって、毎年とても混雑するイベントです。 例年のプログラム内容や見ることができる航空機、ブルーインパルスのアクロバット飛行についてまとめました。 また写真撮影するのに良い場所や入間基地へのアクセス方法などについても書きました。

スポンサーリンク

 

入間航空祭について

 

航空自衛隊の各基地で行われる航空祭はとても人気のイベントですよね。

入間基地の航空祭も東京近郊で唯一ブルーインパルスのアクロバット飛行が観られるとあって、毎年20~30万人も訪れる大人気のイベントです。

以前は10月に行われたりしましたが、近年では文化の日(11月3日)開催が定着してます。

 

2018年の開催情報

 

開催日時2018年11月3日(土) 文化の日
9時~15時
※入場無料
来場者数約20万~30万人
場所埼玉県狭山市 航空自衛隊入間基地
アクセス西武池袋線「稲荷山公園駅」から徒歩3分
西武新宿線「入間市駅」から徒歩20分

専用駐車場はありませんので、公共交通機関の利用をおすすめします。
イベントほか航空自衛隊の航空機展示(米軍機も参加)
ブルーインパルス航空ショーなど
航空自衛隊の音楽隊による演奏など
屋台

 

 

入間航空祭のイベント情報

 

2018年のイベントは未だ公式には出ていません。

2017年のパンフレットではこんな感じでした(画像クリックすると拡大できるので場所も確認しておくと良いですよ)

 

2017年入間航空祭パンフレットより

 

フライトスケジュール


09:00~09:05 T-4 オープニングフライト
09:05~09:25 CH-47J、U-125A & UH-60J
10:20〜10:45 T-4
10:50〜11:10 U-125 & YS-11FC
11:15〜11:40 C-1 & U-4 パラシュート降下
13:05〜14:10 ブルーインパルスのアクロバット飛行
14:40〜14:55 F-15J、F-2 帰投

 

催し物スケジュール

エプロン地区、及びミス航空祭発表会会場

09:30〜10:00 ミス航空祭パレード&発表会
        演奏:中部航空音楽隊

ミス航空祭発表会会場

11:50〜12:10 佐渡分屯基地「鬼太鼓」
12:20〜12:40 入間修部太鼓

催し物会場

11:10〜11:40 入間基地軽音楽部演奏会
11:50〜12:50 中部航空音楽隊演奏会

警察犬訓練展示会場

10:00〜10:40 警備犬訓練展示
14:20〜15:00 警備犬訓練展示

スポンサーリンク

地上展示

航空自衛隊

ブルーインパルス、C-1(機内展示)、U-4、T-4(コックピット展示)、U-125、CH-47J(機内展示)、F-15J、F-2、U-125A、UH60J、C-130H、T-7、T-400

その他

AH-1S(陸上自衛隊)、SH-60J(海上自衛隊)、C-12 & UH-1(アメリカ空軍)、埼玉県警ヘリ、Patriot PAC-3(地対空誘導弾)、J/TPS-102(移動式警戒監視レーダー)

 

2018年のスケジュールが出たら更新する予定ですが、例年の実績からほぼ同等のスケジュールになると思われます。

 

 

ブルーインパルスのアクロバット飛行

 

入間航空祭の一番の目玉!

ブルーインパルスによるアクロバット飛行は、もの凄い迫力です。

どんなアクロバット飛行が行われるか?写真を探しまくりましたので、覚えておくとシャッターチャンスを逃さないですみます。

 

ダイアモンド・テイクオフ

ブルーインパルス4機がダイアモンド型に編隊を組み離陸します。 この後、車輪を出したまま「ダーティー・ターン」に移ります。

 

スター・クロス

5機で文字通り星型を描きます。とても綺麗に描かれますので、人気の高い技です。

 

バーティカル・キューピッド

2機のブルーインパルスがハート型を描きます。 この後、もう一機がハートの中央に矢を描いて完成です。

 

ワイド・トゥ・デルタ・ロール

最初5機の機体が離れて飛行しますが、ループを描きながら徐々に機体を接近させていく技です。 この技、美しいですよ!

 

4シップ・インバート

4機の機体がインバート(背面飛行)します。普通に飛ぶのだって難しいのに、背面飛行で編隊飛行するなんて、本当に曲芸ですよね。

 

フェニックス・ロール

これも美しいフォーメーションです。6機の編隊で大きなループを描くように飛行します。

 

良い写真がなかったので載せられませんでしたが、一番好きなのは「レイン・フォール」という技で、5機のブルーインパルスが天空から垂直に降下してきて、地上近くで5方向に散開する技です。

他にも色んな技がありますが、技の名前は放送されますので、お気に入りの技を見つけてくださいね^^

 

 

航空ショーを入間基地の外で観る

 

ところで、航空ショーは入間基地に行かないと観られないと思ってませんか?

 

下の図は、2017年に航空自衛隊が関係先へ通知した「曲芸飛行実施空域」ですが、入間基地を中心として半径約9kmの空域を縦横無尽に飛行する計画です。

地図自体は(左が北の為)見づらいですが、円の右端が多摩湖で左端が飯能駅ですので、もの凄く広い空域を飛ぶのが分かりますね。

出展:航空自衛隊入間基地

 

とは言っても、高度を下げて来るのは入間基地中心ですから、入間基地から離れすぎると「お?ジェット機が飛んでる~」くらいにしか見えないです。

 

基地の中からはド迫力のアクロバット飛行が観られますが、何しろもの凄い混雑ですのでお子様連れだと少し厳しいかも知れません。

 

デートやお子様連れで観るなら、おすすめは入間基地近隣の公園などが良いですよ。

 

中でもおすすめなのが「彩の森入間公園」です。

 

理由は2つ、入間基地に隣接していて混みますが、基地内ほどではない事。それとジョンソン・タウンが近い事です。

メインどころのブルーインパルス航空ショーは1時間ほどですので、その後に食事したり、ぷらぷらするにはジョンソン・タウンはこの上なく良い所です。

 

 

とても可愛いアメリカンハウスで食事ができたり、アンティーク雑貨や古着屋さんもあって楽しい場所です。 横田基地の「福生ベースサイドストリート」程の規模ではありませんが、ジョンソン・タウンに行きたい!と言う女性は多いですよ^^

 

福生ベースサイドストリートについては別記事でご紹介してます。

⇒横田基地沿い福生ベースサイドストリートで古き良きアメリカの雰囲気を味わうデートも素敵です

 

 

ブルーインパルスの写真撮影に適している場所

 

先にご紹介した通り、入間基地を中心として縦横無尽に飛行しますので、基地周辺ならブルーインパルスのアクロバット飛行を見る事はできます。

 

しかし、写真撮影となると話は別です。

 

なぜなら、そこに滑走路があるからです(笑)

大空をマッハで飛ぶブルーインパルスの機体を素人が写真に収めるのは難しいですよね? でも滑走路からのテイクオフ(離陸)やランディング(着陸)なら、比較的易しいです。

とは言え、滑走路の中央付近に陣取ってしまうと速いスピードで通り過ぎてしまうので、これまた撮影は難しいです。

撮りやすいのは滑走路の中央付近ではなく、滑走路の端の方です。

 

 

上の写真は入間航空祭とはまったく関係のない写真ですが、見て欲しいのは滑走路に対する撮影者さんの位置、角度です。

滑走路に対して斜め45度くらいですよね?

この位の方が撮影はしやすいですよ。

向かってくる(遠ざかっていく)機体を撮るのならピントも合わせ易いですからね。

 

ただ、問題がひとつ。

それは当日の天候です。
旅客機でもそうですが、風の向きによって離着陸の方向は変わります。

基本、風の吹いてくる方向に向かって離陸しますので、風上側の滑走路脇にポジションを取ると良い感じに撮影できると思います。

 

また、当日が晴天の場合、北側からだと逆光になります。

なので、風の影響さえ無ければ、基地の外ですが、下の地図に記入した南側のスポット「西武商事本社」の斜め前(通称:病院前)がフェンスが薄く、車道との距離も開いているのでおすすめです(通常日でも航空ファンが撮影しにくる場所なので混みますが)

ただし、周辺に車を停める所が無いので、ここまで歩いていく必要があります。

 

日差しの影響が弱ければ、北側の「入間川第9こども広場(通称:ひな壇)」もおすすめです。ひな壇とは、5段(だっけ?)くらいの観覧席が設置してあったので、そう呼ばれています(現在ひな壇は無くなっています)

徒歩5分程度の所にコインパーキングがあるので、そこに停められればラッキーです。

 

基地内では三脚や椅子の持ち込みは禁じられていますので、この撮影スポットに堂々と三脚を立てて撮影するのが良いですよ^^

 

 

入間基地へのアクセス


※PCで拡大して見ると見易いですよ

 

公共交通機関でのアクセス

入間基地へのアクセスは、駐車場が無いために公共交通機関(電車・バスなど)が原則です。

電車なら、稲荷山公園駅が入場するのには一番便利です。

入間基地側に臨時改札ができますので、駅を出たらすぐ入間基地内に入る事ができます。

 

西武池袋線なら池袋から 410円

池袋==(40分)==>稲荷山公園

西武新宿線なら新宿から 440円

西武新宿==(38分)==>所沢==(13分)==>稲荷山公園

西武国分寺線なら国分寺から 300円

国分寺==(16分)==>所沢==(13分)==>稲荷山公園

 

帰りは選択肢が広がります。

ブルーインパルスのアクロバット飛行が終わると、皆ぞろぞろと岐路につきますので、稲荷山公園駅は、異常に混雑します。

これを回避する為、入間基地に「退場専用」の門が3箇所開門され、その門まで臨時バスが運行されます(基地内を徒歩で移動は厳禁です)

 

地図上に記した3箇所の退場専用門

①救難北門

滑走路の最北地点(狭山駅まで約800m、徒歩約10分)

②狭山市役所臨時門

救難北門の300m南側(狭山駅まで約1km、徒歩約13分)

③入曽駅臨時門

滑走路の南側地点(入曽駅まで約1.2km、徒歩約16分)

入曽駅は臨時バス停車場から直線距離は1km程度ですが、ジグザグに歩かないといけないので、実際には1.2kmほどになります。「え?ここで降ろすの?」と思うほどの場所で降ろされますが、人がゾロゾロ歩いてますので道に迷うことはないですけどね。

 

退場時のおすすめは、狭山駅です。

ブルーインパルスのアクロバット飛行後の稲荷山公園駅の混雑は尋常ではありません。身動きが取れなくなりますので、基地内臨時バスで救難北門で降りて狭山駅から帰るのが得策です。

 

車で行く場合

どうしても車で行きたいのでしたら、普通なら隣の駅周辺の駐車場をおすすめするのですが、入間航空祭の場合は隣の駅に行くのに大混雑の稲荷山公園駅を使わなくてはなりませんので、あまりおすすめできません。

おすすめは、入間基地から徒歩で行ける駐車場か、所沢駅周辺の駐車場です(入間基地周辺の駐車場は混みますが)

 

入間基地周辺の歩いて行ける駐車場

①入間都市開発第1駐車場(330台)

②入間都市開発第2駐車場(320台)

③豊岡パーキング(805台)

所沢駅周辺の駐車場

①西武スマイルパーク所沢駅西口駐車場(307台)

②タイムズ所沢駐車場(108台)

③ワルツ所沢地下駐車場(76台)

 

入間航空祭の帰りにジョンソンタウンにも寄ってみたいなら、入間基地周辺の駐車場が良いです。特に「入間都市開発第1駐車場」からならジョンソンタウンにも歩いて12分くらいですので、一番おすすめです。 ただし、早い時間でないと当然混みますので覚悟が必要です。

 

所沢駅周辺の駐車場を使うなら、行きは「稲荷山公園駅」で降りて、帰りは「狭山駅」か「入曽駅」に出て所沢駅に戻る感じです。


.

入間航空祭まとめ

 

何年か前、来場数が30万人を突破した大人気の入間航空祭、文化の日(11月3日)は「晴れの特異日」でもありますので、ぜひ行ってブルーインパルスの航空ショーを見てみてくださいね!

もの凄い迫力に圧倒されますよ!

 

入間基地へのアクセスのおすすめは、行きは「稲荷山公園駅」で下車、帰りは救難北門から出て「狭山駅」から電車に乗る。

車で行くなら、入間基地から徒歩圏内の駐車場に停めるか、敢えて「所沢駅」に停めて「稲荷山公園駅」から入場し、「狭山駅」か「入曽駅」から乗って西武新宿線で「所沢駅」に戻るのがおすすめです。

 

彼女・彼氏とデートで行くなら、ぜひジョンソン・タウンにも寄ってみるのがおすすめです。 きっと素敵な発見が待ってますよ^^

ジョンソンタウンについては、こちらで詳しく書きました。

⇒ジョンソンタウンはデートに最適!アメリカンなランチも大人気!行き方や駐車場を調べました

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-イベント情報
-,

Copyright© 夢見るそら猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.