そら猫の気になる情報やノウハウ等をご紹介してます

夢見るそら猫

美容と健康

黒にんにくの作り方のコツ!でも通販とどっちがお得なの?おすすめはコレ!

投稿日:

高齢の母が「甘くて美味しい!私に合うわぁ!」と感激した「黒にんにく」、その作り方をご紹介します。 でも、多くの方が自宅で黒にんにくを作っていますが、本当に自家製が良いのでしょうか? 自宅で作った場合と通販で購入する場合のメリット・デメリットなどまとめました。

スポンサーリンク

 

黒にんにくって本当にすごいです。

別記事でも書きましたが、私自身本当に風邪を引かなくなりました。

 

そんな黒にんにくを、最近「おじいちゃんより先に私が先に逝くかも・・・」とこぼしていた母に食べさせた所、「まぁ~何て美味しいの?私に合うわぁ!もっと早く聞いていれば良かった~」ともの凄い賛辞でした。

1年前に食べさせたんだけどな・・・と思いつつ、「抗癌作用もあるって研究成果もあるし、1日1片と言わず、朝2片、夜2片食べときんさい!」と言っておきました(笑)

 

そこで気になるのが黒にんにくの消費量です。

私自身も健康維持の為に食べていますし、両親もとなるとかなりの消費量ですよね。

 

自宅で作っても良いですが、メリット・デメリットがありますので、作り方を整理した上で通販で買うのとどちらが良いのか? 私なりの結論を出しましたのでご紹介します。

 

 

黒にんにくの作り方

 

用意するもの

まずは、黒にんにくを作る上で必要な物を整理しました。

①乾燥にんにく(8~10玉)

黒にんにくを作成する為には、生にんにくは適していません。 必ず乾燥にんにくを買ってきて下さい。

ただ、海外からの輸入物や素性の知れないにんにくは避けた方が良いでしょう。どんな農薬を使っているのか分かりませんからね。

イチオシは、青森県田子(たっこ)町で無農薬で栽培された「福地ホワイト六片種」のLサイズが最適です。

真っ白なにんにく玉に大振りのにんにくが4~6片入っています。

 

②保温ジャー

にんにくを熟成させる為に必要な保温ができるものが必要です。

炊飯機能は要りませんので保温に特化した保温ジャーがあれば良いです。 ただ、いまどき保温ジャーを持っている家庭は多くはないと思いますので、中古の炊飯器でもかまいません。

ただ、熟成時には相当な臭いが出ます(簡単には落ちません)ので、黒にんにく専用のものにして下さいね。

もしどうしても無くて買いたいのでしたら、「電子ジャー 保温専用」で検索すると新品で5~6,000円のものが沢山みつかりますよ。

 

③水

にんにくを保温ジャーの中で熟成させる時、にんにくから水分が出てきます。水分が出きってしまうと、にんにくはどんどん痩せ細っていってしまいますので、それを防いでふっくらと仕上げる為に水を入れます。

水道水にはカルキ等含まれていますので、きちんと浄水器を通したお水か、市販のミネラルウォーター等を入れたほうが安心です。

 

④ザル

ふっくらと仕上げる為に必要な水ですが、にんにく自体が水に浸かってしまうと上手く熟成させる事ができません。 なのでにんにくが水に触れないように保温ジャーの底にザルを敷いてかさ上げします。

 

⑤ガーゼ

保温ジャーの中でにんにくを乾燥させない為に、熟成期間中にんにくを包んで入れます。 キッチンペーパーや新聞紙で代用しても良いですが、保湿を考えるとガーゼや手拭いを使った方が良いです。

 

⑥干し網

黒にんにくは保温ジャーの中で熟成させた後、常温で熟成させます。 その際に干し網に入れて干すと虫が付かなくて良いです。 保温ジャーで熟成したての黒にんにくは、臭いがそれなりにあります。

甘くて臭いが強ければ・・・カブトムシじゃないですが、虫が寄ってきますからねw

 

 

黒にんにくの作り方の手順

 

①保温ジャーの中に水を少量入れ、ザルを敷きます。

にんにくが水に浸かってしまうと上手く熟成できませんので、水を入れすぎないように気をつける必要があります。

 

②ザルの上に玉のままのにんにくを並べます

ザルの上にガーゼを敷き、その上ににんにくを並べて積み上げます。 一段目は上向き、二段目は下向きに互い違いに入れると上手く入れる事ができます。

 

③にんにくの上にガーゼを被せます。

上に被せるガーゼはにんにくの水分を保つ為に重要です。薄いガーゼを何枚も重ねて十分保湿できるように被せます(手ぬぐいや麻布などでも代替できますが、新聞紙はやめた方が良いです)

この時気をつけないといけないのが、ガーゼが保温ジャーの釜に触れないようにする事です。 釜の中はかなり高温になりますので、ガーゼやキッチンペーパーでも釜に触れたまま長時間経つと少し焦げます。

 

④保温ジャーのスイッチを入れて熟成開始

いよいよ熟成開始ですが、問題は保温ジャーを置く場所です・・・。

元々臭いの強いにんにくを熟成させると、開始直後ほど臭いが強く出ます。 家の中ですると家の中は相当臭いが充満します。 なので保温ジャーの設置場所は雨の当たらない屋外がベストです。

 

⑤保温ジャーでの熟成

保温ジャーのスイッチを入れたら、高温多湿状態で15日~20日熟成させます。

数日に1回、にんにくの上段下段をひっくり返してまんべんなく熟成させる必要があります。

この時、にんにくの水分量の確認しておきましょう。

黒にんにくの失敗は、水分が飛んでしまいにんにくが痩せ細って干からびてしまう事です。 にんにく自体の大きさや季節なども関係してきますので、様子を見ながら必要に応じザルの下の水を補充して様子を見ながら熟成させるのが黒にんにく作りのコツです。

 

⑥常温熟成

保温ジャーの中で熟成させ15日~20日経過したら、保温ジャーより取り出し、干し網に並べて10日ほど常温熟成させます。

常温熟成させると、更に水分も飛びますので、保温ジャーから取り出す時には多少水っぽくても大丈夫です。

にんにくの大きさによっても常温熟成の期間は変わってきますが、概ね10日で問題ないです。 様子を見ながら自分の好みに仕上がるように試行錯誤して下さいね。

 

仕上がりの黒にんにくの固さは好みがありますが、舌と上あごで簡単につぶせるくらいです。

 

 

黒にんにくの保存方法

 

黒にんにくの保存方法は、常温でOKと言う人もいますが、おすすめは冷凍庫での保存です。

なぜなら糖度の高い黒にんにくは凍らないからです。

 

写真は冷凍庫に1ヶ月入っていた黒にんにくを3分以内に撮影したものですが、ぷっくりとした柔らかさが伝わりますでしょうか。

 

常温で保存していると乾燥が進んでグミみたいに固くなってしまうのと、むあ~っとした臭いも出てきますので、おすすめしません。

 

一度タッパーに入れて常温で2ヶ月くらい置いておいた事がありましたが、最後の方は変質して固くなり渋みも出てしまったのでそのまま破棄しました。

 

 

自家製と通販どっちがお得?

 

一人分の消費量はどのくらい?

私も母も、朝1片、夜1片の1日2片ずつ食べます。

薬ではなく食品なので、たくさん食べてはダメと言う事はありませんので、疲れがひどい時は、1回に2片食べる時もあります。

普通に1日2片だとすると1ヶ月の消費量は60片と言う事になります。

 

私が絶賛しているにんにく、青森県田子町の「福地ホワイト6片種」は、にんにく1玉に4~6片のにんにくが入っていますので、1ヶ月に10玉弱を一人で消費する計算になります。

 

自家製する場合のメリット・デメリット

自家製の場合、どんな点がメリットなのか?

原材料となる乾燥にんにくを安く仕入れる事ができれば、通販で買うより若干安く作れるという点が最大のメリットとなります。

乾燥にんにく(青森県産の福地ホワイト6片種)は、通販で買うことができますが、概ね1kg(15玉程度)で3,000円くらいです。

1回の作成で10玉前後作れますので、一ヶ月分の消費量がとほぼ同じくらい作れます(大きな保温ジャーなら15~20玉作れます)

 

自家製のデメリットは、保温ジャーで熟成させる時の臭いが最大のデメリットです。 家の中ではひんしゅくですし、ベランダで作成するとしても住宅密集地では近所迷惑になります。

実は私は自家製をあきらめたのですが、その理由が近所迷惑だと指摘されたからなんです。

また、黒にんにくを作る場合、水分量のさじかげんが難しいので失敗もそこそこあります。 一番の失敗は保温ジャーの中に長期間入れてしまった為、にんにくが固くなってしまった事です。

 

通販のメリット・デメリット

通販のメリットは、黒にんにくを作る手間も臭いもしない点に尽きますね。

一方のデメリットと言えば、お店にもよりますが、非常に高価な事です。 有名なお店だと1kgで10,000円なんて所もありますので、こんなに高価だと日常的に食べるのは厳しいです。

 

結局、通販と自家製どちらが良いのか?

近所迷惑と言われてしまうと作る事をあきらめざるを得ません・・・。 でも通販だと高価・・・。

 

私の出した結論は、青森県田子町の美味しい黒にんにくを通販で安く買う事でした。

1ヶ月の消費量が10玉(60片 ≒ 300g)程度なので、1kgあれば一人で食べて3ヶ月程度持つ事になります。

 

ポイントは「バラ」です。

大きさの揃った製品は見栄えも良く値段も高めです。

でもバラの商品なら小ぶりなものが混ざっていても、同じ1kgなら絶対量は変わりません(小さい分多く入っているだけ)。

1kgで10,000円の商品は高すぎますが、1kgで4500円程度なら相当な割安感がありますよね?

1kgで4500円と言う事は、消費量からすると1ヶ月1500円程度で済みますので、こういう商品を通販で買う事にしたのです。

 


.

黒にんにく自家製・通販どっちがお徳か?まとめ

 

アメリカの国立がん研究所(NCI)が発表した「デザイナー・フーズ(がんを抑制する食物)」の王者に君臨するのが「にんにく」です。

私の友人も掛かりつけのお医者さんに「黒にんにくってどうなんですか?」と聞いたら、「私も食べてますよ」と即答されたそうです。

母も大喜び&大絶賛した黒にんにく、ぜひ多くの人に食べて健康になって欲しいと思います。

 

でも、家で作ると原材料費、労力が掛かる上、住宅密集地では臭いで近所迷惑にもなります。

そこで私の出した結論は、安くて美味しい黒にんにくを1kg4500円程度で購入する事でした。

黒にんにくを作っているメーカーが同じなら、多少見てくれが悪くても品質は変わりませんからね。

 

黒にんにくにハマって早4年目、黒にんにくの成分や効能、1kg4500円程度で購入できる私のお気に入りのお店もこちらの記事で紹介していますので、良かったらご覧になって下さいね^^

⇒黒にんにくの効能が凄い!NK細胞の活性化で癌予防にも 3年食べ続けて実感している事をお伝えします

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-美容と健康
-,

Copyright© 夢見るそら猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.