おとく生活

麻リボンで作る簡単コサージュの作り方!子供でも作れて母の日のプレゼントにも!

麻コサージュ

麻リボンで「え!?」と思うほど素敵なコサージュが簡単に作れます。 麻と言えば麻紐(ひも)を思い浮かべると思いますが、この材料を使えば目が点になるくらい簡単なんです。 子供でも30分ほどで作れるし、材料も安く手に入りますので、母の日のプレゼントなんかにもうってつけです。 お花の先生に教わった劇的に簡単な作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

麻リボンで作るコサージュ

 

麻と言えば、ゴミを束ねる時やガーデニングで使う麻紐(ヒモ)が思い浮かびますよね。

 

でも、これほど素敵な素材って中々無いです。

 

 

素朴で温かみがあって、ちょっとしたアイデアで素敵なアイテムに生まれ変わります。

 

普段から好きな素材ではありましたが、友人のお花の先生から

 

この麻を使ったリボンでびっくり仰天の素敵なコサージュが出来てしまうとお聞きして、作り方を教わりました。

 

手芸用品としては『ジュートクロス』とも呼ばれますし

 

園芸用品としては『幹巻テープ』などとも呼ばれているものです

 

それが、こちらです

 

麻コサージュ

 

近所のホームセンターで10cm幅x20mの『幹巻テープ』として売っていました。

 

この長さで400円程度でしたから、めちゃくちゃ安かったです。

 

この麻リボンでどうやったらコサージュが…、と不思議に思いましたが、アイデア次第で大化けするものですね(笑)

 

麻コサージュ

 

麻リボンで作ったコサージュの中に、色んなプリザーブドフラワーなどを入れてあげると、見違えるように素敵なコサージュになります。

 

こんなコサージュを胸にちょこっと飾っていたら、良い感じと思いませんか?

 

母の日のプレゼントに子供と一緒に作っても良いですし

 

もちろん自分で着けても注目の的になります(笑)

 

では、さっそく材料や作り方、手順をご紹介していきます。
.

スポンサーリンク

.

麻リボンコサージュに必要な材料

 

用意するものは、以下の素材になります。

 

麻リボン   30cm

両面テープ  30cm

コサージュ台 1個

プリザーブドフラワー(お好みで)

接着剤(無色透明のもの)

 

両面テープや接着剤は、ご家庭にあるもので構いません。

 

麻リボンの他には、「コサージュ台」と中に入れる「プリザーブドフラワー」は買って来ないといけないかも知れませんね。

 

コサージュ台は、手芸用品店で購入できますが、無ければ大きめの安全ピンでも代用可能です。

 

プリザーブドフラワー

 

プリザーブドフラワーはお花屋さんなどで手に入りますが、少量での販売はしていないと思いますので、沢山作る覚悟をしておきましょう(笑)

 

プリザーブドフラワーは、麻リボン自体が茶色なので「白のかすみ草」などホワイト系が相性が良いと思います。

 

タイミングによっては、「キャン★ドゥ」などの100均でもプリザーブドフラワーの先っちょだけ売っている事もありますので、時々チェックしておくと良いです。

 

プリザーブドフラワーでなくても、100均で売っている造化などでも構いません。

 

子供が作るなら、壊れにくい造化の方が良いと思います。

 

 

麻リボンのコサージュの作り方

 

それでは、作り方について順番にご説明します。

 

1.30cmに切った麻リボンの縦糸を抜く

 

麻コサージュ

 

まずは麻リボンを30cm程度に切り分けます。

 

多少のほつれなどは気にしなくて大丈夫ですよ。

 

長い方を縦糸、短い方を横糸としてご説明します。

 

麻コサージュの作り方

 

この縦糸を全部抜いてしまします。

 

麻コサージュの作り方

 

こんな感じにできればオーケーです。

 

縦糸を抜く時は、2本以上同時に引っ張らない様にして下さい
麻リボンの反対側を手のひらで軽く押さえると抜きやすいです

 

 

2.両面テープで丸める

 

麻コサージュの作り方

 

麻リボンの片一方の端に両面テープを貼っていきます。

 

この時の両面テープの幅ですが、概ね3mm~5mmにして下さい。

 

1cm幅の両面テープでしたら、写真の様に麻リボンに貼ってから切ると、切りやすいですよ。

 

1cm幅のまま両面テープを貼ってしまうと、上手に花が開かないですし、横から見るとブロッコリーみたいになってしまうので、ここは注意です。

 

麻コサージュの作り方

 

両面テープを貼ったら、上の写真の様に麻リボンの端と端をくっつけていきます。

 

麻コサージュの作り方

 

半分に切った両面テープの残りを、再度麻リボンの端に貼っていきます。

 

麻コサージュの作り方

 

そして両面テープが内側になる様に、くるくる巻いていきます。

 

多少両面テープがはみ出しても、まったく問題ありません。

 

それより巻く時に緩く巻かない様に、しっかりと巻く事に集中して下さい。

 

 

巻いた感じは、こんな感じになっていればオーケーです。

 

両面テープは、慣れないうちは5mm幅でも構いませんが、最終的な仕上がりに影響してくるので、慣れてきたらなるべく3mm幅で貼る様にして下さい。

.


.

3.押し広げて形を整える

 

麻コサージュの作り方

 

丸めた麻リボンを机の上に置いて、中心から拡げます。

 

まだ形を整える最終段階ではありませんので、大体で構いません。

 

プリザーブドフラワーなどを中に入れやすい様に、グイグイ拡げて下さい。

 

写真にも書きましたが、180度以上開く様にすると格好いい形になります。

 

 

4.プリザーブドフラワーを接着剤で固定

 

麻コサージュの作り方

 

コサージュが花の形に拡がったら、中にプリザーブドフラワーなどを入れて接着剤で固定していきます。

 

中にプリザーブドフラワーを入れる時は、麻紐を立体的に持ち上げ、麻紐に絡ませる様に入れていくと、より自然な感じでまとまります。

 

 

5.コサージュ台に接着剤で固定して完成

 

麻コサージュの作り方

 

 

最後、コサージュ台に固定して完成ですが、花の開き方、プリザーブドフラワーのバランスなど、四方から再度確認して仕上げて下さい。

 

コサージュ台も安全ピンも無ければ、とりあえず余った麻リボンで底を両面テープで固定して下さい。

 

そうする事で強度も増しますので。

 

麻コサージュの作り方

 

こちらは、中に入れるプリザを変えてみました。

 

麻リボン自体が少し毛羽立っていた方が「ふわっと感」が出て良いと思いますので、毛羽立ちもそんなに気にする事はありませんよ。

 

これで完成です!
.


.

麻リボンのコサージュまとめ

 

麻リボン(ジュートクロス、幹巻テープ)を使ったコサージュ、両面テープで簡単に作れてしまいます。

 

最大のポイントは…

 

両面テープで貼り合わせる幅を5mm以下に抑える事

 

180度以上グイグイ拡げる事

 

中に入れるプリザーブドフラワーは、麻紐に絡ませる様に立体的に入れる事

 

この3点を注意して作れば、誰でも素敵なコサージュが作れます。

 

初心者の方でも30分程度で作れてしまうので、是非オリジナルの組み合わせで作ってみて下さいね!

 

-おとく生活
-, ,

© 2020 夢見るそら猫