そら猫の気になる情報やノウハウ等をご紹介してます

夢見るそら猫

神社・御朱印

7月20日は大國魂神社のすもも祭!人気のからす団扇を確実に入手する方法は?

投稿日:

毎年7月20日は大國魂神社の「すもも祭」です。120軒以上の露店の内、すももの出店も沢山出ていて品種も沢山ありますが、大人気なのが「からす団扇」と「からす扇子」です。 どうしても手に入れたい「からす団扇」、その値段入手方法「すもも祭」の起源などについても調べてみました。

スポンサーリンク

 

大國魂神社のすもも祭の起源は?

 

大國魂神社の「すもも祭」は私が子供の頃からずっと続いている毎年恒例のお祭です。

子供の頃は、すもも祭の起源なんて考えた事もありませんでしたが、神社ですもも?と気にはなっていました。

今回改めて、すもも祭の起源についても調べてみました。

 

大國魂神社の公式ホームページには以下の記載がありました。

今から遡る事、およそ950年前!(子供の頃どころではなかったですw)

源頼義・義家父子が奥州平定の際、大國魂神社に戦勝祈願をし、後に戦勝の御礼として大國魂神社で祭りを行った。この時「神饌」として「すもも」を供え、境内にも「すもも市」が立つようになった(大國魂神社すもも祭案内より引用して表現を若干変更)

 

わかり易く書くと・・・

源頼義が「陸奥守」に就任していた1051年~1062(平安時代中期)、奥州(東北地方)の騒乱を鎮める事に難航していた時、大國魂神社で戦に勝てる様に祈願を行ったのだそうです。

その後、清原氏の加勢を受けた源頼義がなんとか奥州の平定(騒乱を鎮める事)に成功し、大國魂神社へその御礼としてお祭を開き「すもも」をお供えしのだそうです。

それを機に大國魂神社の境内で「すもも市」が行われる様になったのが、現在の「すもも祭」との事。

 

はぁ・・・、歴史ですねぇ(笑)

 

一方の「からす団扇」と「からす扇子」ですが、直接すもも祭とは関係していなさそうです。

大國魂神社のホームページには、「五穀豊穣・悪疫防除・厄除」の信仰を持つと書かれており、この「からす団扇(扇子)」で扇ぐと害虫が駆除され、病気は治り、玄関先に飾れば魔を祓い幸せが訪れるとの事です。

 

 

すもも祭の開催日時や露店の営業時間

 

開催日時毎年7月20日 午前8時~
参拝者約7万人
露店の営業時間約120軒(朝7時~夜9時)
からす団扇の頒布朝6時~夜9時
その他イベント無形文化財指定「江戸の里神楽」(午後~)

 


大國魂神社の「すもも祭」は、毎年7月20日に開催と決まっていて、曜日には関係なく実施されます。

なので、2018年7月20日は金曜日ですが実施はこの日に決定済みです。 しかも1日のみ開催という超限定的なお祭ですので、週末に行こうと思ってもダメですよ。
 


.

混雑する時間帯と駐車場情報

 

平日開催の2018年は、昼間の混雑はそれほどでもありません(週末開催の年と比較したらですがw)。

言い換えれば、2018年の「すもも祭」は、夕方(およそ17時頃~)が一番混雑します。

なので、できれば早めの時間に行っておきたいですね。

 

ただ、夜の祭の雰囲気って良いんですよね~。

私も大好きなんです。

まぁ、平日だと会社帰りになるので、必然的に夜になってしまいますが。

 

どうしても車で行きたいと思う人もいらっしゃると思いますが、平日開催とは言え、それなりに混雑しますので、大國魂神社の参拝者用駐車場、境内の一角にあるタイムズ駐車場は入庫が厳しいと思います。

 

くらやみ祭などの大きなお祭りの時であれば、東京競馬場に臨時駐車場が用意されるのですが、すもも祭ではそれもありません。

周辺の駐車場情報については、こちらで記述しています。

⇒「大國魂神社」へのアクセス 年末年始、GWの駐車場 営業時間や料金は?

 

 

人気のからす団扇をどうしても手に入れたい

 

ところで、この人気の「からす団扇」と「からす扇子」ですが、7月20日だけの限定頒布となっていますので、翌日の土曜日になって買いに行こうと思ってもできません。

ですが、そんな人の為に大國魂神社の社務所にお願いして、取っておいて頂けるんです。

そうすれば遠方の方であっても、翌日以降になってから悠々と「からす団扇」を入手する事ができますね(すももの取り置きはできませんが)。

社務所への依頼方法は、直接大國魂神社の社務所に行ってお願いするか、予約フォームで事前予約する事になります。

予約は社務所の直接行くか、予約フォーム、電話で申し込みとなりますが、初穂料を納めた段階で予約完了となります。現金書留で初穂料を送付する場合は、7月20日必着ですので注意が必要です! 又、受け取り方法は全て郵送となりますので、初穂料の他別途送料がかかります。

 

闇夜のカラスじゃないですが、大國魂神社には「くらやみ祭」もある事から、黒地にカラスが描かれている「からす団扇」と「特製からす扇子」が人気ですね。

 

「7月20日に大國魂神社へ行くから、その時買えばいいや」と思ったあなた。

特に「特製からす扇子」をどうしても手に入れたいなら、この予約をすべきですよ。なぜなら当日の頒布は本数限定(100本程度)になっているからです。

 

遠方の方だけでなく、近所に住んでいても仕事で夕方以降でないと行けないのなら、この予約は絶対おすすめです。


.

すもも祭でしか手に入らない「からす団扇」まとめ

 

大國魂神社のすもも祭で人気の「からす団扇」と「からす扇子」。当日行けないけど、どうしても欲しいなら事前予約ができます。

特に「特製からす扇子」は当日の頒布が100本程度なので、当日行ったとしても手に入れられるか分かりません。

事前予約をすれば手に入れる事ができますよ! しかも郵送での発送なので、遠方にいながら手に入れる事もできるんです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-神社・御朱印
-, ,

Copyright© 夢見るそら猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.