そら猫の気になる情報やノウハウ等をご紹介してます

夢見るそら猫

おとく生活・パソコン

SCREENPRESSO パソコンでスクショを撮る優秀なアプリ

更新日:

 

 

画面のスクリーンショットを撮って、別のソフトで文字を入れたり、画像の加工をしてませんか? SCREENPRESSOなら、同じソフトで一連の作業として、簡単にできてしまいます。

感動的に優秀なアプリですので、マニュアルや手順書、レポートを作成する時などに是非使ってみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

あなたは、Windowsに付属の「Print Screen」や

「Snipping Tool」を使っていませんか?

 

これらのツールだと、右クリックのメニューを

撮ったり、マウスで選択している場面などを

撮ることができませんよね?

 

下の画像(右クリックメニュー)などは、

スクショ撮るのなかなかできないですよね?

それに、撮ったスクショを加工するのに別のソフトで・・・

かなり面倒くさいですね。

 

SCREENPRESSOなら、そんな悩みも解決してくれます!

スクショを撮って、切り取りして、矢印やコメント、

個人情報にボカシなど、あっという間にできてしまいます。

 

 

SCREENPRESSOのインストール方法

 

 

1.先ずはダウンロードしましょう!

 

①ダウンロードサイトに移動したらボタンを押してダウンロードします

 

②SKIPを押すとダウンロードが始まります

※メール配信希望の場合は、メールアドレス入力後、ダウンロードボタンを押します。

 

③ダウンロードが完了したら、任意の場所に保存します。

※ここでは、デスクトップに保存してみます。

 

2.SCREENPRESSOをインストールします

 

①ダウンロードした「Screenpresso.exe」をダブルクリックで実行します。

 実行すると、まず下のポップアップが表示されるので「実行」を押します。

 

②インストール画面が表示されるので、「日本語(日本の国旗)」を選択し

「同意します」にチェックして、「コンピュータにインストール」を押します。

※すぐにインストールが完了し、下のポップアップが表示されます。

※「OK」を押して、アプリケーションを再起動します。

 

③再起動すると、タスクトレイにSCREENPRESSOが表示され、

以下の2つが表示されます。(しばらくすると消えます)

※マウスオンする事で、すぐにこれが表示され、キャプチャー可能となります。

 

※タスクトレイのSCREENPRESSOをクリックしても表示されます。

 

 

 

やっておいた方が良い初期設定

 

最低限やっておいた方が良い設定項目をご紹介しておきます。

 

1.これだけはやっておいた方が良い設定項目

①保存先を任意の場所に変更

当然デフォルトの保存先はCドライブです。

他のドライブがあるようでしたら

なるべくCドライブは容量増やしたくないですから

他のドライブに保存する様、変えておきましょう。

 

②キャプチャを3秒遅らせる!

キャプチャーボタン押した瞬間にスクショ撮っても

右クリックメニューは撮れません。

3秒遅らせてキャプチャーできる所がミソなんですね。

(初期設定ではチェック外れています)

 

それと、「保存するファイル数」がありますが

初期値が50枚ですので、これも増やしておきましょう

 

③保存するファイル数の変更

初期設定は50枚となっていますので、

増やしておいた方がいいですね。

なぜ保存する枚数について設定項目があるのか?

詳しい理由は不明ですが、

敢えて設定項目がある事を考えると

メモリを消費する等が考えられますので

むやみに最大値にはしない方が良いと思います。

(僕は確認の為最大値にわざとしています)

 

他にも設定項目がありますが

最低限、上記設定項目は変えておいた方が良いです。

 

 

SCREENPRESSOの基本的な使い方

 

1.SCREENPRESSOの起動と撮影

撮りたいものを決めたらスクショの準備をします

SCREENPRESSO起動には2つの方法があります。

①PC画面上部中央にマウスオンする

②右下タスクトレイのSCREENPRESSOをクリック

ここでは①の画像を貼っておきます。

「指定領域のスクリーンショット」を押すと

スクショを撮る事ができます。

設定で「3秒遅らせる」にチェックをつけていれば

押した後、3秒後にシャッターが切れる感じになります。

 

SCREENPRESSOをインストールすると、

キーボードの「Print Screen」がショートカットになっていますので、

いちいち起動しなくてもスクショを撮れますから

慣れてきたら「Print Screen」で、すばやく撮りましょう。

 

 

2.領域の指定してスクショを撮ります

SCREENPRESSOでスクショを撮った後、領域の指定ができます。

①マウスを動かすだけで、選択ウィンドウ単位でも全体でも領域指定が可能です。

 

 

②マウスのドラッグでピクセル単位で範囲指定する事が可能です

 

 

③スクショを撮るとSCREENPRESSOの画面が開き、保存された事が確認できます

 

※一連の動作をGIFにしてみました。

スクショのボタンを押すと、カウントダウンが始まり撮影します。

その後、切り出したい所を範囲指定して保存します。

 

 

3.スクショで撮った画像を簡単に編集できます

ここからが本領発揮です!

よく使う機能を中心に書きます。

①まずは画像を編集で呼び出します。

 

編集したい画像を選択し、「編集」を押します。

SCREENPRESSO上部にあるメニューから行いたい加工を選びます。

上のメイン・メニューにあるツールの説明です。

矢印を描く
四角形を描く
テキストボックスを追加
吹き出しを追加
番号付けを追加
強調
楕円を描く
ポリゴン描画
フリーハンド
指定の領域をぼかす
画像を追加
ルーペを使う
波括弧を描く

画像メニューにあるツールの説明です

確定

画像の編集を確定させます。

確定ボタンを押した後の変更は有料版でないとできませんので、ご注意願います。

切り取り
縮小
サイズ変更
キャンバスサイズ
枠線

よく使う機能を画像付でご説明します。

②画像を切り取り体裁を整える

選択した画像の必要な部分だけを切り出します。

スクショを撮る時に余計な所まで写ってしまった場合など

体裁を整えるときに使えます

③縮小(不要な部分をカット)してコンパクトにまとめる

縦や横方向に縮めたい時に使用します。

赤枠で囲った様に、縦方向に縮めてみました。

こうする事で、上の方にある「説明したい部分」と

下の方にある「説明したい部分」をコンパクトに表示できます

④四角形(枠)を描いて強調する

枠線で囲んで一部分を強調してみました。

「ここを押してください」など強調する時に

積極的に枠で囲んであげると分かりやすいです

⑤矢印を描いてより分かりやすくする

テキストを挿入して説明する場合

どこの事を書いているのか?

視覚的に一発で分かるようにしておきます。

⑥個人情報などに「ぼかし」を入れる

URLなど公開してはいけない部分には「ぼかし」を必ず入れます

※「ぼかしレベル」は、範囲指定する右上の赤いハンドルで表示される画面で調整可能

⑦飾りつき文字を入れる

ちょっとした説明文(ここを押す、ここに入力)等は

マニュアルやブログ記事への差込画像では重要です。

画像を順番に見ていけば、文章を読まなくても良いように

画像に単純明快な文字を入れておくのがよいです!

⑧番号を付けて手順を分かり易くする

画像の中に順番がついてたら

説明書きを読まなくても手順が一目瞭然です!

SCREENPRESSOでは、「番号付けを追加」で

クリック押すたびに①などの番号が一瞬で付けられます。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

よく使う機能を中心に、画像つきで説明しましたが

わかり易いマニュアルや手順書とは

視覚的にわかり易いものです。

 

画像がわかり易ければ

文章は読まなくても分かりますね?

 

海外の機器や家具などの

組み立て製品は

組み立て手順書に絵しかない事が多いです。

 

なので、単純にイメージ画像ではなく

画像だけで伝えたい事が分かる様に

工夫してみましょう^^

 

そら

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-おとく生活・パソコン
-

Copyright© 夢見るそら猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.