そら猫の気になる情報やノウハウ等をご紹介してます

夢見るそら猫

旅行・グルメ

東京三大豆大福の松島屋!昭和天皇も愛した豆大福は何時に行ったら買える?駐車場はある?

投稿日:

東京三大豆大福松島屋へ行ってきました。 昭和天皇も好んで食べられたと言う豆大福はちょっぴり塩味としっかりとしたつぶ餡が絶妙のバランス! 午前中に売り切れる事もあるそうだが、何時に行けば買えるのか?予約はできるのか?近くに駐車場はあるのか?など現地に行って調べて来ました。 また友人などに送りたい場合どうしたら良いのか?なども整理しました。

スポンサーリンク

 

松島屋の豆大福

 

 

東京で豆大福と言えば「東京三大豆大福」のお店が有名です。

 

大正7年創業、老舗製菓店「松島屋」の豆大福は、昭和天皇がことのほか好まれて、たびたび皇居から侍従の方が買いに来られた事で有名なお店です。

 

見るからに昭和なお店では、開店前からお餅を蒸かす匂いが周辺に漂っていて「あ~! いい匂い~~~!」と思わず声に出してしまいました。

 

一番人気は昭和天皇が好まれた豆大福

 

そんな松島屋さんの一番人気は、もちろん豆大福

 

かぶりつくと、まずは塩味のきいた固めのお餅が上あごに・・・

 

唇には赤エンドウ豆がゴツゴツ当たり存在感を示しています。

 

さらに噛みこむと、水分が少なめでしっかりとした つぶ餡の爽やかな甘みが口の中に広がります。

 

赤エンドウ豆は多すぎず少なすぎず丁度いい量です。

これ以上多かったら噛むのに疲れるし、少なかったら豆の味が埋もれてしまいます。

 

塩味と餡の甘みが絶妙のバランスでとっても美味しかったです!

 

豆大福自体は少し小ぶりかも知れませんが、他店の豆大福より食べ応えがあるせいか1つでも満足感たっぷりです。

 

コンビになどで売っている歯応えの無い豆大福とはまったく別の食べ物か?と思うほど食感が異なりますよ。

 

ぷちぷち感がたまらない「キビ大福」

 

松島屋さんでは3種類の大福を売っていますが、豆大福に引けをとらず人気なのが「キビ大福」だそうです。

 

キビ餅の食感がおもしろい!

噛むと餅の中のキビがザラザラ、ぷちぷち・・・

 

人気があるのも頷けます(笑)

 

ただ、3種類の大福の中では餅が固くなるのが若干早めとのコメントも多い様ですので、早めに食べた方が良いですよ。

 

よもぎの濃厚な味と香り「よもぎ大福」

 

ごらんの通り、よもぎがたっぷり練りこまれた餅です。

 

3種の大福の中では一番餅が柔らかかったです。

 

噛むとよもぎの濃い味と懐かしい香りが口の中に広がります!

 

むかし近所の原っぱで亡くなった祖母とよもぎを摘んで、祖母がよもぎたっぷりの「よもぎ団子」を作ってくれたのを思い出しました。

 

スポンサーリンク

 

お腹が減っていた事もあり3種類をいっきに食べましたが(笑)、かなり満腹になりました。

 

でももう一つ、とんでもなく美味しいものが・・・

 

入手困難、予約必至の「栗蒸し羊羹」

 

存在は知っていましたが・・・

8月から予約開始で12月中旬に販売終了してしまう「栗蒸し羊羹」

今回、3種類の大福を購入して会計していると、なにやら長細い包装紙に包まれた物体が・・・

 

「あのぉ~、もしかして・・・、あります? 栗蒸し羊羹・・・」

 

恐る恐る聞いてみると

「ありますよ~!明後日で販売終了ですよ~」と嬉しいお答えが(笑)

 

まさか買えると思っていなかったので、即決で購入させていただきました。

 

 

羊羹は甘すぎず爽やかな甘み

その中に大粒の栗がゴロゴロと・・・

「めっちゃ美味しい!」

 

豆大福も美味しかったですが、「栗蒸し羊羹」も絶品ですのでおすすめです!

今年8月になったら即予約しないとです(笑)

 

 

何時までに行けば買える?

 

ところで、この松島屋さん

大人気のお店なので、ぷらっと行って買えたらラッキーなのです。

 

確実に買うには、やはり午前中の早めの時間に行かれる事をおすすめします。

 

何時に開店するのか?

色んなサイトで違う時間が書いてありましたが、現在の営業時間は9:30からです。

 

 

そうとは知らず、食べログに書いてあった営業時間を信じて8:30に行ったら誰も並んでない・・・

 

12月の寒空の下、周辺を散歩して9時に戻るとチラホラ人の姿が・・・

 

みなさんお店から少し離れた場所で様子見されてたので、私が先陣を切ってお店の前に立つと、みんなチラ見で目配りしながら「どこが先頭なの?」「誰が最初に来てたの?」と言わんばかりにゾロゾロと列ができました。

 

かろうじて1番に並ぶ事ができましたが、9時過ぎの時点で5~6人が並んでいる状態でした。

 

ちなみに行ったのは12月中旬の土曜日です。

 

寒かったせいか、9:20頃にお店を開けていただき購入させて頂きましたが、買い終わる頃にも7~8人は並んでいたと思います。

 

最寄の駅から少し離れているせいか、「群林堂(東京三大豆大福のお店)」よりは列の長さは短いかも知れません。

 

それでも午後に行ったら買えない事もあるので、10:00頃までには到着していたいところです。


.

松島屋は予約で豆大福が買える?

 

「群林堂」は豆大福の予約注文はできませんが、「福島屋」は予約が可能です!

 

開店前から予約のお客さん様に包装したり紙袋に入れたりしている様で、店の前で待っていても何やらガサゴソと音が聞こえてました。

 

開店は前述のとおり9:30ですが、事前に電話で予約注文していれば9:00頃から受け取り可能の様です。

 

お店の前で待っていると、後から予約された方がおもむろにお店の扉を開け、お店の人が紙袋に入れた豆大福を渡すと、再びお店の扉はピシャリと閉められてしまいます(笑)

 

賞味期限は基本的に「当日中」なので、贈答用に買うのなら事前予約して当日の朝一で受け取るのが宜しいかと思います。

 

【店  舗】 東京都港区高輪1-5-25
【電  話】 03-3441-0539
【営業時間】 9:30~18:00
【定 休 日 】 日曜、月曜は月2回不定休

 

月曜日は不定休ですので、前営業日までに「次の月曜日開いてますか?」と電話で確認した方が良いですよ。

 

 

友人に贈りたいけどどうしたら良い?

 

地方に住む友人や親戚に

「どうしても食べたいから送って!!」と言われた場合

 

松島屋では地方発送はしてくれません。

(そもそも賞味期限が当日中ですからね)

 

多少お餅が固くなる事さえ承知してもらえれば送る事はできます。

 

少しでも早く食べた方がいいですから、「購入は事前予約して9時過ぎに受け取る」のが大前提になります。

 

では、どうやって送ったらいいか・・・

 

近くにコンビニがあるので、そこから宅配便で送る事も可能です(冬場なら)。

 

しかし問題なのが「梱包」です。

コンビニでは発送用のダンボール箱を売ってくれる店は数少ないで、自分で用意しなければなりません。

 

松島屋さん近くのコンビニで聞いた所

「箱の販売?無いですよ? 店の外にある箱なら使っても良いですけど・・・」と怪訝そうに言われましたが、見てみると大きな箱でしかも潰して束ねてある・・・

こんなんその場で工作できんじゃん(笑)

 

よしんば箱を用意していたとしても、コンビニへの集荷時間は午前・午後の2回である事が多いので、時間が外れてしまうと届くのが大幅に遅れてしまう可能性もあります。

 

また、コンビニでは「クール便」を扱っていないので、暖かい季節であればコンビニから送るのは避けた方がいいです。

 

おすすめは「ヤマト運輸の高輪2丁目センター」への持込です。

泉岳寺駅と松島屋の通り道にあって、発送用の箱もその場で買えるし一番早く発送できます。

 

土曜日は営業窓口は休業で出荷作業だけを行っていますが

「すみません・・・箱が無くてコンビニから発送できなかったですけど・・・」と

悲壮感たっぷりに聞いてみると、マネージャーさんの様な方が出てきて快く発送を引き受けてくれました(箱の販売も)

 

 

黄緑のマークにしてしまったので、ちょっと見づらいかもしれませんが、泉岳寺を通り過ぎて約100m、クロネコヤマトの配送トラックが営業所の前に何台か停車してるので、すぐに分かると思います。

 

という事で、朝一に豆大福を受け取り、9:30過ぎにはヤマト運輸に持ち込みで発送するのが一番無難な方法です。

 

 

松島屋へのアクセス

 

松島屋は都営浅草線の泉岳寺駅から少し離れた場所にあります。

直線距離だと350m程ですが、道なりに歩くと550m程です。

 

 

途中「伊皿子坂」と言う緩やかな上り坂がずっと続いてますので、お年寄りにはちょっとキツイかもしれません。

 

まず泉岳寺の駅ですが、駅の出口は「A2」と覚えておいた方が良いです。

なぜなら駅の案内板が改札を出てすぐにありますが、A1とA2出口でどちらも「第一京浜、泉岳寺交差点」と書いてあるので、知らずに行ったらどっちから出たら良いか迷います。

 

つまり、どちらの出口から出ても泉岳寺交差点には出るのですが、A1で出ると泉岳寺交差点を渡らなくてはなりません。

 

 

冬なら少しでも外に出たくないですよね?

であれば、A2出口から出るのが良いですよ。

 

途中、泉岳寺があるので、お参りしてから行っても良いですね。

 

 

ちょうどこの日は泉岳寺で毎年12月14日に行われる「赤穂義士祭」の翌日だった為、仮設テントなどが出ていたり、職人さんたちが後片付けをされていました。

 

冬の朝の凛とした空気の中で、神社でお参りしてから行くのも清々しくて良いですよ!

 

 

周辺に駐車場はある?

 

クルマで行きたい方もいるかと思いますが、松島屋さんの専用駐車場はありません。

 

どうしてもクルマで行きたい場合は近くのコインパーキングを利用するしかありません。

 

松島屋さんから比較的近くて大き目のコインパーキングをご紹介します。

 

 

トラストパーク三田

 

ピーコック三田伊皿子店と同じ建物の中にある「トラストパーク三田」駐車場が一番近くて便利です。

 

台 数  41台
料 金  300円/30分(最大1700円/日)
営業時間 8:00~23:00

 

写真右奥に青い看板が写っていますが、そこが入り口になっています。

30分300円はちょっと高いですが、ピーコックで2000円以上買い物をすると1時間駐車場無料サービスになります。

 

TOMOパーキング高輪

 

第1~第3まであってちょっと分かり辛いかもしれません。

第1は一番大きいですが、どうやら道往寺の建物の下(半地下?)

第2、第3はどこが仕切りか分かりませんでした・・・

 

台 数  第1:21台 第2:6台 第3:4台
料 金  8:00~22:00 200円/15分
_____22:00~8:00 100円/60分
______(12時間最大 2000円/日、第2は2200円)
営業時間 24時間(年中無休)

 

写真は第2ですが、ここが通りに面しているし一番入りやすいです。

 

ル・パルク 清和泉岳寺第1

 

道路(第一京浜)を挟んで撮影したので、ちょっと見づらくてすみません。

 

台 数  127台
料 金  平日  7:00~20:00 300円/30分
________(24時間最大 1500円/日)
_____土日祝 7:00~20:00 300円/30分
________(24時間最大 1300円/日)
営業時間 24時間(年中無休)

127台と一番広い駐車場ですので、どこも一杯の時には停められる可能盛大の駐車場です。


.

まとめ

 

東京三大豆大福のお店「松島屋」

少し固めの赤エンドウ豆が「これぞ豆大福!」と思える丁度良い量です。

塩味と爽やかな甘みのハーモニーが至高の美味しさです!

 

営業は9:30からですが、午前中に売り切れる事もあるので、行くなら9:30を目指して行くと良いです。

 

9:30に行けない場合、前営業日までに電話で予約注文しておくと取り置きしておいてくれます。

 

友人や親戚に送ってあげたい場合、ヤマト運輸の「高輪2丁目センター」へ持ち込んで発送するのが便利です。

 

もしかしたら豆大福以上に美味しい「栗蒸し羊羹」は、8月から予約開始、12月中旬までの販売ですので必ずゲットしたい場合は予約必至です。

 

一度食べたら、絶対また食べたくなる松島屋の豆大福

ぜひ食べてみて下さいね^^

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-旅行・グルメ
-, ,

Copyright© 夢見るそら猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.