そら猫の気になる情報やノウハウ等をご紹介してます

夢見るそら猫

おとく生活・パソコン

WordPress5.0でエディタが激変して困った!元のエディタに戻す方法は?

投稿日:

 

2018年12月7日、ついにWordPress5.0がリリースされてしまいました。 うっかりバージョンアップされてしまった人も多いのではないでしょうか? 新しいエディタは「ブロックエディタ」と呼ばれ、記事を構成する一つ一つがブロックと呼ばれる部品となっていますが、これが使いづらいのなんの・・・。そこで以前のエディタに戻す方法を調べましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

 

WordPress5.0「Gutenberg」

 

WordPress5.0は、以前からブロックエディタ化が表明されていましたが、「Gutenberg」というプラグインでお試し利用する事ができていました。

そんな事知らなかった人も多いのではないでしょうか?

私は「ブロックエディタ」になると言う話自体は知っていましたが、いざバージョンアップしてみると、その激変振りにびっくりしました(笑)

 

ブロックエディタってどんな感じ?

 

テキストエディタを見ると分かりますが、一行一行が<p>~</p>で囲まれた「段落」になっていますよね?

この「段落」が「ブロック」と呼ばれる様になり、そのブロックに画像を挿入するのか?文字を入力するのか?見出しにするのか?など選択して操作する感じです。

 

確かに直感的な操作にはなったのかな?とは思いますが、どうしても慣れないですね・・・

 

ここが使いづらい!

私の場合、CSSでエディタをいじってたりしましたので、WordPress5.0へのアップデートがより激変したのだと思います。

特に見出し部分では、エディタ画面で見出しの装飾が確認できていたのに、それができなくなってしまいました。

 

MOREタグひとつ入れるにも、挿入したい箇所のブロックに表示される「+」マークをクリックして、挿入する部品(この場合MOREタグ「続きを読む」)を選択します。

 

直感的どころか、ワンクリックで済んでいた作業が最低でも2クリックに増えてます・・・

これは勘弁して欲しいです。

 

それに旧エディタで作成していた記事をブロックエディタでで開くとエラーになる事も・・・

普通にMOREタグを入れていた箇所ですが、いちいちこんなワーニングみたいなのが出るので、これも面倒くさいですね。

 

いままでのエディタで記事を作成した場合、「ここに空白行を入れると公開した時にいい感じになる」みたいな操作の慣れがあったと思いますが、ブロックエディタだと思うとおりにならない事もしばしばありますので、慣れるには相当時間が掛かりそうです。

 

 

元のエディタに戻す方法

 

どうしても使いづらいので、とりあえず元のエディタに戻すことを考えましたが、方法は2つあります。

一つは公式プラグインを使うこと、もう一つはバージョンダウンを行うことです。

 

公式プラグイン「Classic Editor」

手っ取り早いのは、公式プラグインの「Classic Editor」をインストールする事です。

これが簡単だし、公式エディタなので安心して使えます。

方法は簡単です。

 

プラグインの新規インストールで、上の「Classic Editor」をインストールして有効化するだけです。

 

「Classic Editor」の設定画面では、どちらのエディタを使うか選択できますので、ここを変えてあげればオッケーです。

 

 

ブロックエディタで書いていた本記事も、「Classic Editor」で元に戻すと完全に前の状態に戻っています。

 

これで安心・・・

とは言えません。

 

なぜなら、2022年までのサポートが公式に表明されていますので、それ以降は不具合があっても更新プログラムは対応されない予定だからです。

 

WordPress4.9へのバージョンダウン

もうひとつの方法として、WordPress自体のバージョンダウンを行う方法があります。

WordPressは更新頻度が多いですが、過去のバージョン・リリースの所からWordPress 4.9.8をダウンロードする事ができます。

⇒WordPress.org日本語サイトのリリース・ノート

 

一応こちらのサイトから旧バージョンをダウンロードしてインストールしなおせば、完全な旧環境に戻すことができますが、サーバーにログインしてファイル操作などが必要になりますので、パソコンに詳しくない人にはおすすめしません。

.

WordPress5.0のエディタを元に戻す方法まとめ

 

WordPress5.0の新しいエディタ「ブロックエディタ」は、かなり激変したので慣れるまでに時間を要します。

バージョンダウンの方法もありますが、一番手頃で簡単なのがプラグイン「Classic Editor」をインストールする事です。

しかし、「Classic Editor」の正式サポートは現段階では2022年までなので、落ち着いた頃を見計らって ブロック・エディタ「Gutenberg」に慣れるしかありません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-おとく生活・パソコン
-,

Copyright© 夢見るそら猫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.